facebookでシェアする twitterでシェアする

七夕と願いごと

2011年07月07日
天の川

七夕といえば彦星と織姫のエピソードが有名ですが、七夕の行事としてのルーツをご存知でしょうか。
もともとは、旧暦の7月7日(新暦のお盆前後)に行われていたという棚幡[たなばた]は、古代中国において女性が針仕事の上達を願う「乞巧奠[きっこうでん]」と盂蘭盆会(お盆)などが習合したものとされています。日本では、弥生時代の頃から、水辺に棚を建て、機織りの乙女たちが神々の御衣を折る祭事が行われていました。これが、現在七夕のエピソードとして有名な「織姫と彦星伝説」と結びつき、江戸時代に手習いごとの願掛けとして一般庶民にも広がったのでした。

芋の葉にたまった露で墨をすり、当時紙の原料であった「梶[かじ]の葉」七枚に願いごとを書きつけ、星に手向けると願いが叶うという言い伝えもあるそうです。