行動指針 ――活動のコンパス

一、積極的に多種多彩な情報に接すれば気づきを得る。 一、自らの興味の対象を知り全身全霊を注げば極まる。 一、我々にしかできないことに挑戦すれば奮い立つ。 一、最後まで諦めない強い熱意を持てば叶う。 一、手段ではなく、目的から伝えれば通ずる。 一、会社が成長すれば個人も成長する。 一、愛をもって接すれば必ず届く。

夢を現実にする活動のコンパス

7つの行動指針〔活動のコンパス〕は、夢を実現するための道筋をさし示す羅針盤としてはたらきます。 自然界における生き物たちの歴史を観察するなかで、わたしたちはある法則に気づきました。 遺伝子の配列が少しずつ異なる個体同士が結びつくなか新しい個体が次々と誕生し、 ある時にはそれが地球の覇者となるような優れた適応能力を持ち備え、 またある時には進化を怠ったゆえに覇者としての立場を一瞬にして失う。 こうした、生きるか死ぬかのめまぐるしいやりとりが時代を越え延々と繰りかえされてきた地球の歴史は、 おごれる強者ではなく、しいたげられた弱者によって築き上げられてきたという事実に気づいたのです。 わたしたち人類もまた、強者におびえながら泥水や薄暗い木陰にひっそりと身をひそめ命をつないできた弱者の子孫です。 ここから学ぶことのできる教訓は、苦境に立たされてもあきらめずに希望をもって自分を奮い立たせ、 創意工夫をしながら前に進むことで必ず活路は拓けてくるということです。 7つの活動のコンパスは、そんな自然界から気づきを得た、生きるための智慧です。


Top